スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっぽちっとありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ   

カフェランチ、とThe Wolf of Wall Street (2013)

Category : 映画
とある平日の午後、Opera Cafe & Patisserieでランチ。

BexxKaaCMAAODVb.jpg


Quiche Vegetarianです。フェタとスイスチーズで濃厚なお味。チーズこってり系は昔より食べられるようになったけど、サラダがなかったら食べ切れなかったかも。ここのコーヒーが美味しいってどこかで聞いたけど、このあと長尺の映画を観る予定があったので我慢。クレープはまだ食べたことがないので、次回食べてみよう。ただ、このカフェがある辺りってなかなか来ないのよね~。

…と、カフェのことだけを書いて記事を終えるつもりでしたが、この日観た映画『The Wolf of Wall Street』の感想を簡単に↓

twows.jpg


学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。


(シネマトゥデイより)

日本ではもうすぐ公開の映画ですね。3時間と長めですが、さほど長く感じませんでした。ドラッグやら性描写やらFワード満載で評価が分かれる映画だと思います。(私の前に座った2人組は途中で退席。)思っていたより過激でひゃ~っと思ったのですが、なかなか楽しめました。とは言え、やはり家族で行ったり、ディカプリオ目当てで観に行かないほうが賢明かと。^^;
スポンサーサイト

ぽちっぽちっとありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ   

Man of Steel (2013)

Category : 映画
3週間前に公開されたMan of SteelをIMAX 3Dにて鑑賞。

man-of-steel-poster-2.jpg


ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり……。

(シネマトゥデイより)

スーパーマンの映画をきちんと観たのは今回が初めて。あまり観たことのないハイスピードバトル。スーパーマンや敵対するクリプトンの兵士が飛ぶときの爆音。そしてものすごい破壊力。最初は目を見張るものがあったが、正直過剰だったように思う。大体あれでは助かる人間も助からないんじゃ?アクションシーンを除けば、全体的に暗くて地味。

この映画は父親と息子の物語でもある。ラッセル・クロウもいいけれど、やっぱりケビン・コスナーでしょ。なのですが、見せ場があまりにさらっと流されすぎて「え、もう終わり?私まだ涙目なのに。」と戸惑ってしまった。回想シーンが多く、じっくり魅せるところを端折ってしまった感もあり。

豪華キャストなので見たことがある役者ばかりです。ただ、それがいつどこだったか気になってしまった。キャストを確認しておいたほうがいいかもしれません。所々で他の映画が頭の中でちらつくこともあった。ついでに言うと私、ローレンス・フィシュバーンが崩壊していくビルを鋭い眼差しで見ているシーンで、いつ彼がモーフィアスに変身するのかとドキドキ…。←え?^^;

ぽちっぽちっとありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ   

Star Trek Into Darkness (2013)

Category : 映画
Star Trek Into Darknessを観てきました。

star_trek_into_darkness_poster_enterprise.jpg


本当は私一人で『華麗なるギャツビー』を先に観る予定だったのですが、先週Jと観たヒーローものがイマイチで順番が変わりました。えぇ、まぁ口直し的な理由で…。^^;個性豊かな登場人物が複数いる映画と、一人のヒーローに頼らざるを得ない映画を比べるのは酷かしら?

どこかのテレビ番組である映画批評家が「アクションが多すぎてちょっと…。」とコメントしているのを聞いて、2作目はコケたかなと思っていたのですが、個人的には面白かったです。確かに派手なアクションシーンが多く、Jはトイレに行くタイミングを逃してしまったとのこと。後半でカークがアレした後は少し無駄なように感じましたが、これぞ夏のアクション大作という映画で私は満足です。前作同様クルーのやり取りが面白い。映像もわざとらしくない3Dでとてもきれいでした。(ちなみにIMAXで観ました。)あ、話に聞いていた某シーンは確かに唐突で必要性はありませんが、そんなに目くじらを立てるほどでもないです。ベネディクト・カンバーバッチにも注目。サンフランシスコに馴染みがある方には、時々映し出される未来のSFの様子も楽しいかも。

興味のある方は日本語のオフィシャルサイトをどうぞ。日本公開は8月。

ぽちっぽちっとありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ   

Life of Pi (2012)

Category : 映画
Life of Piを観てきました。←遅い。館内には10人いるかいないか。

url_20130329175807.jpg


インドのボンディシェリで動物園を経営していたパテル一家は、カナダ・モントリオールに移り住むことになる。16歳の少年パイ(スラージ・シャルマ)と両親、そして多くの動物たちは貨物船に乗り込むが、太平洋上を航行中、嵐に見舞われて船は沈没してしまう。ただ一人パイは救命ボートに逃れて一命を取り留めるものの、そのボートにはリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラが身を潜めていた。わずかな非常食で飢えをしのぎ、家族を亡くした悲しみと孤独にも耐えるパイ。そんなパイと一頭のトラとの227日間にも及ぶ太平洋上の漂流生活が始まった……。

(goo映画より)

前知識ほぼ皆無で映画館に足を運んだ私。始まってすぐしまったと思いました。アクセントのある英語の聞き取り得意じゃないんだった…。それに宗教色も強い。さらに言うと大画面に映し出される苦しむ動物たちや、痩せこけていくリチャード・パーカーの姿が耐え難い。が、映像の美しさや臨場感のある動物たちの姿、パイとリチャード・パーカーの関係(ほんのりコミカルだったり、恐怖を覚えたり)が興味深くていつの間にかスクリーンに夢中になってました。3Dのみの上映で、実際に観るまでは普通のでいいんだけど…と思ってたんですが3Dでよかったです。あ、ただ、嵐の映像は酔いそうでした。とにかく美しく印象的なシーンが多かったなぁ。これDVDで観てどれだけ伝わるんだろう?映画館を後にしてから調べてみるといろいろ考察されていて、鑑賞後も面白い作品でした。

ぽちっぽちっとありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ   

Men in Black 3 (2012)

Category : 映画
Men in Black 3を観てきた。

Cinepolis.jpg


場所はDel MarにあるCinepolis。贅沢な気分で映画を楽しめるメキシカンチェーンの映画館で、カリフォルニアでもまだまだその数は限られている。今後いろいろなところにオープンする予定らしいが、せっかく近くに住んでいるのだからと行ってきた。チケットはオンラインで買って、そのときに席を選べます。ゆったりシート+リクライニングで快適。(写真の手前に写っているのがソレ。)ただ、映画が始まって最初の5~10分くらいはサーバーが飲み物や食べ物を運んだり、会計するのに目の前を通るのが気になった。特に私は上映中何も口にしなくても平気、というか口にしたくないほうなので…う~ん。Luxury Cinemasと謳っている分、お値段も安いわけではないし。3Dメガネは、かなりしっかりしていて重く感じるくらいです。使用後は一つ一つきれいにして再利用されるのかな?

さて、お次は映画感想。

men-in-black-3-poster.jpg


秘密組織MIB所属のエージェントJ(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)は、日々異星人の取り締まり追われていた。長年コンビとしてやってきた2人だが、Kの単独捜査をいぶかしんだJは直接そのことを彼に問いただす。だが、本人は全然聞く耳を持たず何の情報提供もしてくれない。次の日、本部でJはKを捜していたが40年以上も前に死亡していたと聞き……。

(シネマトゥデイより)

思ったほどエイリアンの数も種類も少なかった。もっとびっくりするようなところで色々出てきて、観客を楽しませるのかなぁと思ったんだけど。ネタばれではないと思うので書いてしまうと、パグのフランクも出ません。予告に出てきてなかったので、出番なしだと思ってたんだけど残念。ものすごくインパクトのあるアクションもなく、過去のMIBと比べて小さくまとまってしまったな…というのが感想。ギャグも冴えてなかった。それとも理解しきれてなかっただけか?カメオは一人しか気づかんかったなぁ。

若いKことジョジュ・ブローリンは適役で、すんなりとKとして受け入れられた。ちょっとした話し方が似てるんだよね。設定年齢より老けて見えてしまったのはしょうがないけど。つか、ウィル・スミスが若く見えすぎ。劇中、若かりしKを見るJの表情にこっちもニヤニヤしてしまった。3D処理は今まで観た3D映画の中で一番違和感がなかった。アポロの打ち上げの後にほろっとさられるエピソードありで、今までのMIBとは違った。そういう意味でのしっくりしない感じはあった。

ぽちっぽちっとありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ   

プロフィール

cocoinsd

Author:cocoinsd
2008年にサンディエゴにて国際結婚。夫、2匹の猫、熱帯魚、コザクラインコ1羽と暮らしています。ゴルフと映画と鍵盤+六弦を少々。

このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

たまにYouTubeで動画もアップしてます。猫とインコ写真をメインにアップしているInstagramも宜しく。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
Twitter
ブログリンク
その他リンク
トリップアドバイザー
サンディエゴの旅行ガイドページへ。サンディエゴ
旅行口コミ情報
おすすめブログのリストはこちら

フォートラベルのサンディエゴのページへ。
サンディエゴ 旅行
おすすめリンク(右端)に掲載されています。

上記サイトで「サンディエゴ動物園へ」の記事を紹介していただきました。ありがとうございます。

リンクフリーです。相互リンクをご希望の方はご一報ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。